<< 仕事って。。。 | main | 日本経団連:「少子化対策は、国の最重要課題」 >>

スポンサーサイト

  • 2011.12.04 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

プロフェッショナル

JUGEMテーマ:育児
 
こんにちは。株式会社子育て支援の熊野英一です。

09年2月17日付 日本経済新聞の夕刊1面。

本来であれば、現職政治家の中では最もまっとうな考え方をもっているはずの方の、
「やっちまったなー」な、失態による辞任劇の記事の下、

「あすへの話題」というコラムに、

我が高校の大先輩、王貞治氏のプロフェッショナル論がのっていました。

いわく、

「人間だから失敗することもありますよ、などということは、
他の人がいってくれるのならいいけれど、自分で言うことではありませんよ。

そういうことを言う人に限って、ミスを犯すんです。

プロはね、自分のことを人間だなんて思っちゃいけないんです。

さすが、王先輩。

「極限までの努力」をなさった方の、けだし名言です。

身の引き締まる思いなり。



努力に際限なし。もっと、がんばらねば。



王先輩には遠く及ばずとも。今日は、うれしい報告もありました。


平日にも関わらず、とあるウエディング会場での、ブライダル託児。
(火曜日ということは、ご夫婦揃って、美容師さん?想像です。)


小学校高学年を含む、わりと大きめのお子様が多い託児サービスとなったようで。

リーダーとして現場に入った、もっちの報告によれば、
お預かり中に、お子様と一緒に作った、手作りの新郎新婦向けのサプライズ・プレゼント。

式の最後に、お子様代表が、新郎さんにそのプレゼントを渡したら、
新郎さんが、あまりの感激に、泣きまくってましたーーーー。と。

新郎新婦、ご親族様、ゲストの皆様、そしてプランナーさん始めスタッフの皆さん、
きっと、温かい気持ちになったのではないかと。
そういった、心に残る瞬間創りに、少しでも弊社のサービスが貢献できたとしたら、
これに勝る喜びはありません。

プロフェッショナルとして、より多くの方々に、弊社のサービスをお届けしたい、
と改めて思った次第。

スポンサーサイト

  • 2011.12.04 Sunday
  • -
  • 21:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
>式の最後に、お子様代表が、新郎さんにそのプレゼントを渡したら、
>新郎さんが、あまりの感激に、泣きまくってましたーーーー。と。

いやー、これは泣けますね。

熊野さんのブログを読みながら涙ぼろぼろの
自分。

会場にいたら号泣だったと思います(笑)

きっつい世の中ですが、心を暖かくする、熱くなるエピソードがひとつでも生まれるように、日々目の前の仕事に真心こめて、向かっていきたいものです。

素敵なお話、ありがとうございます!
  • 牧野
  • 2009/02/18 11:30 AM
牧野さん
コメントありがとうございます。
牧野さんって、涙もろいんですね!
私もですけど。
お互い、感受性が豊かだと。

心が暖かくなるエピソードを、
これからも作っていきたいと思います。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
★注目サイト
株式会社子育て支援の
サービス紹介サイト
キッズルームなび
キッズルームなび
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
Amazon.co.jp
株式会社子育て支援
筆者(熊野英一)が経営している会社です。 法人顧客に特化して、 ベビーシッターサービスを切り口とした、 ・採用支援サービス ・集客支援サービス、 ワークライフバランス関連コンサルティング、 子育て世帯を顧客ターゲットとする法人向けの 販売促進支援、 などを行っています。 http://www.happy-kosodate.jp/ 子育て支援に関連する情報を、上記コーポレート・サイトで 定期更新しています。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM